ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングは雨の日でもアジが釣れるのか?【濡れてもいいなら問題なし!!】

リグデザインプロスタッフの山口です。アジングを楽しみに海へ出かけよう!そう予定を立てたときに限って天気は「雨」。釣り人あるあるですよね。休みの日に限って雨が降る現象、一体なんなんだこれは

天気は雨、だけどアジングを楽しみたい・・・そんなとき頭に思い描くのは「雨の日でもアジングを楽しむことはできるのか?」「雨の日はアジが釣れる?」ということ。

そこで今回は

雨の日のアジングはどうなの?

という点について、僕の意見をまとめていこうと思います

時間に余裕がある日に限って雨が降る。釣り人あるあるですね

濡れる覚悟があれば問題なくアジングを楽しめる

雨の日はアジングを楽しむことができるのか?その問に関する答えとしては

雨でも問題ない

というのが結論。そもそも海は元々が水の中だし、アジにとっては雨が降ろうが何が降ろうが平常運転です。ただ、どう考えても「この雨はダメだな」と感じるほどの大雨の日は足を滑らせて海に落ちる、コケて怪我する、寒くて次の日から熱が出る・・・など危険を伴うこともあるため、ここで言う雨の日とは「一般的に考えて釣りが楽しめるレベルの雨」と受け取って下さい

つまり、雨の日であっても濡れる覚悟があれば(釣れる釣れないは別として)アジングを楽しむことは実質可能。ただ、雨により半端ない濁りが入った・・・そんなときは厳しい戦いとなることが多いです

雨の日は人が少ない・・・そんなメリットも

僕もそうなんですが、雨の日って釣りに行こうと考える人が極端に少なくなります。雨が降る中ボトボトになりながらアジングを楽しむ、そもそも雨が降るとアジングに行くことを諦める人が大半なんですよ。僕も若いときは雨が降ってようがお構いなしに海へ出掛けてましたが、最近は滅多なことがない限り雨の日を釣りをお休みしています(風邪引いたら奥さんに怒られるんです・・・)

このように、雨の日は釣りにいこう!という思考にならない人が大多数のため

いつもは満員御礼の場所でもガラガラに空いている

ことが多いんですよ。

人が少ないということはアジが釣れやすい一級ポイントへ入りやすくなるため、結果として釣果にプラス要素が付加されることになるんですね。そのため、敢えて人が少ない(であろう)雨の日に釣行することで良い結果に繋がることが多いです

雨の日はよく釣れるって聞くけど・・・実際どう?

雨の日は低気圧によりアジの活性が高くなる、海中の酸素濃度が高まりアジが釣れやすくなる、雨の音がアジの警戒心を解き・・・など、雨の日はアジが釣れやすい!と様々な情報が出回っていますが、実際のところ雨が釣果に対しどのような影響を与えているのか?という確証を得られるものはありません

過去には雨の日にとんでもない爆釣劇を繰り広げたこともありますし、反対に雨の日に撃沈した・・・ということもよくあります。そして、晴れの日も同様に驚くほど釣れる日もあれば、とんでもなく渋い日もある訳で・・・

つまり

雨の日がよく釣れるかどうかをハッキリ解明することは不可能

というのが結論。

雨の日に調子が良いときもあれば悪いときもある、晴れの日でも同様。経験的に雨の日は良い思いをしたことのほうが多いようには感じますが、「雨の日はアジが絶対的によく釣れるのか?」という点について確証を得られるほどの証拠を集めることは今の僕にはまだできていません・・・

雨による水温変化に要注意!!

雨の日のアジングで最も注意しておきたいのが「雨による水温変化」です。アジは水温が急激に変化すると反応が鈍くなることがあり、つまり「釣れなく」なることが多いです。

特に秋や冬の季節は雨による水温低下がアジの活性を下げ、非常に厳しい戦いを強いられることも多いため、その点を考慮した戦略を組むことが大事。例えば雨による水温変化を受けにくい水深のある場所を攻め、反対に水温変化を受けやすい浅い場所は避ける・・・そんな感じですね

 

反対に高水温になる真夏の季節は、雨による水温低下がプラスになることも。暑さでヘバッているアジが涼しくなり元気になるのでしょうか?夏の雨の日は止めどなくアジが釣れ続けることもあるため、狙い目じゃないかな?とは感じています

雨の日でもアジングは成立するか?結論としては「雨でも問題なくアジが釣れることが多い」と言えるため、濡れることを許容できるのであれば、雨の日アジングを楽しんじゃいましょう!もちろん、雨の日は滑りやすくなっているので足元完全注意で