ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングの【リールの番手】はどれ?1000番・2000番、どちらを選択するべきか?についてまとめてみる

リグデザインプロスタッフの山口です。リールに関するご質問の中で多いのが「アジングではリールはどのメーカーの何番手を使っていますか?」というもの。ご存知の通り、リールにはサイズ毎に番手が振り分けられており、500番、1000番、2000番、2500番、3000番・・・と、細かく番手を設定してくれています。(500番手があるのはソアレぐらいですかね?)

そして、楽しむ釣りに最適な番手をセレクトしていくのですが・・・では、アジングでは一体何番手のリールを使うのがベストなのか?というのが今回のテーマ。ということで、今回は【僕がアジングで使っているリールの番手】についてと、僕が思うアジングで使うリール番手の基本的な考え方についてまとめていきたいと思います。ただ、いつも言うように釣りに100%の答えはなく、あくまで僕の主観的意見ということを踏まえた上で、ぜひ参考にしてもらえれば嬉しいです

アジングでは軽いリグを扱うことになるため、基本的には小さい番手を選ぶことが普通

僕がアジングで使っているリールはダイワの2000番手!

まず「アジングでは何番手のリールを使っていますか?」このご質問に関する答えを済ませておくと・・・僕は基本的にはダイワさんの2000番手を使うことが多く、というよりほぼ毎回2000番を使ってアジングを楽しんでおります。0.4gほどのジグヘッドを使った超繊細アジングが好みですが、1000番手でなくとも2000番手でも問題なく楽しめていますので、個人的には2000番手で通しても不具合に感じる点はそれほどない・・・というのが本音です。

ちなみに機種はダイワさんの「セオリー」で、なぜヴァンキッシュを使わないのか?なぜステラを使わないのか?と疑問を投げかけられることもありますが・・・これに関してはまた次の機会に

1000番は滅多に使わないが、より繊細な釣りをするには向いています

個人的にアジングで1000番手のリールを使う機会は少ないですが、より繊細なアジングを楽しむ場合、1000番手のリールを活用されている方は沢山いらっしゃいます。例えば、0.2g〜0.6gなどの凄く軽いジグヘッドを扱う場合や、細いエステルラインを活用する場合など、自重が軽く巻き取り長も少ない1000番手のリールは重宝するでしょうね。

最近のアジングロッドは非常に自重が軽く、僕が以前使っていたアジングロッドに関してはロッドの重さが40gほどしかありませんでした。もちろん、繊細なアジングをするときに重宝しますし、感度、操作性共に抜群で最高のロッドでしたが、ここまでロッドが軽くなると、合わせるリールも「絶対的に軽く」なければバランスが取れないんですよ。

 

ロッドとリールのバランスが合ってないと、先重りしたり操作性が悪くなったり、とにかく良いことが一つもありません。そうなると、より軽いリールのほうが絶対的優位であることが間違いないため、より自重の軽い1000番手のリールをアジングで使ったほうがいい・・・となりますね。

ただ、シマノのリール、例えばヴァンキッシュを例に挙げると1000番手とC2000番手では自重が「145g」と同じです。シマノのCは「コンパクト」のCであり、簡単に言うと番手が違っても「ボディサイズは同じ」ということになるため、単純に「軽いリールが欲しい」となったときは、この点を注意しつつ購入へ進むことをおすすめします。ちなみに僕がアジングでシマノリールを使うときは、C2000番手をセレクトしています

1000番と2000番では何が変わる?僕が使っているリールで比較してみる

僕は今のところダイワさんの「セオリー2004」を使いアジングを楽しんでいます。では、僕が使っているダイワ セオリーは、1000番手と2000番手ではどのような差があるのでしょうか?簡単に見てみます

ダイワ セオリー自重巻取り長
2000番手175g64cm
1000番手155g60cm

かなりはしょってますが、ダイワセオリーの1000番手と2000番手の差はこんな感じです。2000番手より1000番手は20gも軽いため、より軽いロッドと合わせるのであれば、1000番手のリールのほうが良いでしょうし、全体的なバランスは取れるんじゃないでしょうか?ロッドのバランスや良さって、リールとのバランスで決まる部分がありますからね、実際に付けてみないとなんとも言えませんが・・・その辺りを含め、買うリールの番手を考えてみることが大事じゃないかな?とは思います

これからアジングを始める!そんな人には2000番手のリールをおすすめします

仮に今「アジング初心者なんですが、何番手のリールを買えばいいですかね?」と問われると、間違いなく【2000番手がおすすめです】と答えます。なぜなら僕は2000番手をメインに使っているため、使っていない1000番手のリールを勧めることができないから・・・。ただ、詰まるところリールの番手選びって「使うロッドで変わる」というのが一般的です。

1000番手のリールとバランスの良いロッドもあれば、2000番とバッチリ合うロッドもあるため、アジングにはどの番手がいいのか?に対する確実な答えなど出せるはずもなく、レングスが短く軽いロッドを使うのか?それとも長くしっかりとしたアジングロッドを使うのか?この辺りを考慮した上で、リールの番手を選んでいくのが一番ですね。

 

ただ、大は小を兼ねるという言葉があるように、2000番手を買っておけばメバリングなど他の釣りに流用しやすいですし、何かと便利です。アジングには何番手のリールが向いているのか?その結論としては、より繊細なアジングを楽しみたいなら1000番、スタンダードに広くアジングを楽しみたいなら2000番手を選ぶ!そんな感じで!

アジングロッドの長さはどれくらい?感度、操作性重視なら短いレングスをセレクトするのが一番