ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングで「フロロカーボンライン」を使うのはあり?癖があるため、可能であれば他のラインを使ったほうが・・・←その理由まとめ

リール

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。今回の記事は「アジングでフロロカーボンラインは使えるのか?」という議題をテーマに、僕の意見をまとめていこうと思います。アジングで使うラインについてのご質問をよく頂くことが多く、特にアジング初心者の方は「どのラインを使えばいいのか分からない」「比較的安価なフロロカーボンラインでいいのかな?」このような疑問をお持ちの方が多いようなので・・・ちょっとした参考にして頂ければと思います!

アジングでフロロカーボンラインは使える?僕なりの意見をまとめます
おすすめ

リグデザインから発売しています「リブリブ」は全国各地、アジングにおいて沢山の釣果を出して頂いております!ぜひお試しあれ

僕はアジングにてフロロカーボンラインを使うことは(ほぼ)ない

アジングでフロロカーボンラインを使うのはアリなのかナシなのか?あくまで僕がアジングを楽しむときの主観ではありますが、アジングにてフロロカーボンラインを使うことは(ほぼ)ありません。ほぼと書きましたが、一応控えのスプールにフロロカーボンラインを巻いてはいるものの、使用率は1%ほどであり、最早「全く使っていない」と言っても良いほど、使用率は低めです

では、なぜ僕がアジングにてフロロカーボンラインを使わないのか?その理由としては

伸びがマジで嫌

これに尽きます。フロロカーボンラインはPEラインと比べると伸びがあるラインであり、特に長く伸びの少ないPEラインを使っている人がフロロカーボンラインを使うと、この伸びの違和感が物凄く不快に感じることでしょう。特にアジングはロッドアクションを用いて釣りを楽しむことになり、ロッドアクションを付けたときの伸びが非常にストレスなんですよ・・・

また、ラインの伸びがあることによる「感度低下」もフロロカーボンライン使用のデメリットの一つ。もちろん、フロロカーボンラインの感度は実用可能範囲内であり問題なくアジングで使うことはできますが、やはりPEラインよりは感度が良くなく、小さなアタリをモノにすることが釣果を伸ばす鍵であるアジングにおいて、このちょっとの差が大きな差となるんですね。つまり、釣果に悪影響を与える可能性もある・・・ってこと

 

このことから、僕はフロロカーボンラインをアジングで使うことはありません。ただ、アジング上級者の中にはフロロカーボンラインを好んで使っている人もいるため、絶対的に「フロロカーボンラインがアジングで使えない」という訳ではなく、僕のように感度と操作性を重視している人にとってはマイナスに感じる部分が多いかな?

ぐらいの認識でいればオッケーです

巻きの釣りをメインにする人なら良いかも

フロロカーボンラインは伸びがあるラインのため、フォール主体のアジングではなく、巻きの釣りメインでアジングを楽しむ人には向いているんじゃないかな?とは思っています。まずめの時間帯など、フォールよりも巻きの釣りにアジが好反応を示す状況下は必ずしもあるため、巻きの釣りを主としたアジングを楽しむことが多い人は、より食い込みを良くするために伸びのあるフロロカーボンラインを使うのは一つの手ですね

もちろん、PEラインでも巻きの釣りは可能です

風が強い日はフロロカーボンラインが役に立つかも

フロロカーボンラインはPEラインと比べると比重が高いラインとなるため、風が強い状況下ではPEラインより高いアプローチを可能とします。ご存知の通り、PEラインは風に弱いラインですからね、強風時はPEライン使用を諦め、フロロカーボンラインにてアジングを楽しむ選択肢もありかもしれません

また、軽量ジグヘッドをボトムまで沈めたい・・・そんなときも、フロロカーボンラインの高比重が役に立つかも。最近はエステルラインというPEライン寄りの性能を持ち、なおかつ比重が高いラインがありますが、昔はフロロカーボンラインを活用し、軽いジグヘッドを深場に落としてアジを釣っている人が多くいました

ゴリゴリに根のある場所では・・・

フロロカーボンラインは根ズレに強い性質を持っています。一方PEラインは「根ズレに弱い」という弱点があり、この弱点を補うため先端にフロロカーボンショックリーダーを結束することになります。つまり、根がゴリゴリにあるような場所ではPEラインを使わずにフロロカーボンラインを使っているほうが、根ズレによるラインブレイクを防ぎやすい・・・ということになりますね。ゴリゴリの磯場や足場の高いテトラ帯などでアジングを楽しむ場合、敢えてフロロカーボンラインをセレクトする選択肢もあるかも

ただ、一般的なアジングはそのようなハードな場所で楽しむものではなく、漁港や堤防などから手軽に楽しめることが魅力の一つです。そのため「ゴリゴリの根があるからフロロカーボンラインを使う」という選択肢を取ることは滅多にないでしょうが、もし、もしそのような状況下にてアジングを楽しむことがあるのなら、その機会にフロロカーボンラインを活用したアジングを楽しむのもアリですね

ショックリーダーがいらないというメリットも

PEラインを使うときは、PEラインの弱点を補うためにショックリーダーを結束しないといけません。慣れている人であれば問題なしですが、ショックリーダーを結ぶときはFGノットなどややこしい結び方をしなければならず、アジング初心者の人に取って非常に面倒な壁となることでしょう

もちろん、最終的にはFGノットや他のノットにてショックリーダーを結束できるようになることは必須ですし、ルアーフィッシングを楽しむ以上PEライン使用は切り離せないものなので逃げ切ることはできませんが、最初の取っ掛かりとしてショックリーダー結束が必須ではないフロロカーボンラインを使う・・・という選択肢もありじゃないかな?とは思います

リグデザインのワーム

リグデザインからリリースしている「リブリブ」、アジングに超最適です。PEラインの感度を活かしたフォールの釣りはもちろんですし、フロロカーボンラインを使った巻きの釣りでも、深いリブが水を噛み絶妙な食わせアクションを演出。全国的に超実績のワーム「リブリブ」を使い、沢山のアジをゲットして下さい!