ライトゲームメーカー「リグデザイン」

冬のアジング攻略!寒い時期にてコンスタントにアジを釣る方法を考えてみる

リグデザインプロスタッフの山口です。今回はガタガタと身体が震えるような寒さが続く冬の季節においてアジングを楽しむ方法について考えていきたいと思います。結論としては

冬はアジングのオフシーズン

となりますが、絶対的に冬はアジが釣れない訳ではないため、冬の厳しい環境化にてコンスタントにアジを釣るための方法を模索してみたいと思います

大阪の冬はアジングの超シーズンオフ

そもそもアジは寒い場所が苦手な魚のため、冬は「アジングのオフシーズン」だと言えます。つまり、冬にアジングを楽しもうとすることが一番の間違いです

とは言え、僕もそうですが冬の厳しい時期であっても

「アジが釣りたい」

と思ってしまうのがアジングの怖いところなんですよね〜、冬アジングは難易度が高く釣れにくいのは分かってますが、それはそれでまた楽しいものなんですよね

 

特に僕が住む大阪なんて冬はアジングのシーズンオフ中のシーズンオフであり、秋はうだるほど釣れていたアジが一瞬にして無の状態になる・・・それが冬の大阪アジング事情です。

当然大阪だけでなく、多くのエリアで冬はアジングのシーズンオフと言えるでしょう

冬アジングは水温が安定している場所を探す

冬はなぜアジングのオフシーズンなのか?それは

水温が下がるから

他なりません。逆に言うと、冬であっても水温さえ下がらなければアジングを成立させることが可能。例えば関西エリアで言うと、黒潮の影響を受ける和歌山県串本辺りなんかは冬でも余裕でアジングを楽しめます

気温はとんでもなく低いのに水温が15度以上ある素敵環境ですからね、僕も冬になるとアジを求め大阪から串本や那智勝浦などへ遠征することが多いです

 

黒潮の影響を受けずとも、水深がある場所であれば冬のアジングを楽しめる可能性はあり。水深が深い場所は浅い場所に比べる水温が安定しており、冬であってもアジの群れがいるケースがあります。

つまり、冬アジングは黒潮の影響を受ける場所、もしくは水深があり水温が安定しているであろう場所を狙い、釣行することが一番です

ベイトフィッシュの存在も大事

アジは小魚やプランクトン、バチなどを捕食しているため、それらベイト(餌)がいる場所でなければアジングを成立させることは難しいでしょう。水温が下がり元気のないアジであっても、餌を食べないことにはやってられないでしょうからね、つまり「冬であってもアジの餌がある場所」を探し出すことが大事。他の時期も同じくではありますが

残念なことに冬はアジだけでなくアジの餌となるベイトたちも少なくなる傾向のため、その辺りを理解した上で冬アジングを楽しむ場所を決めていきましょう

アジが溜まっている場所を見つけられると一人勝ちも

冬は確定的なアジングのオフシーズンのため、そもそものアジング人口がガクッと減ります。どうしてもアジが釣れない・・・というよりアジが射程範囲内から消えてしまうことになるため、当然と言えば当然ですね

しかし、絶望的な冬時期であってもコンスタントにアジを釣っている人はいますし、必ずしも冬にアジングを成立させることができないとは限りません。それどころか、冬にアジが溜まっている場所を見つけることができれば一人勝ちできますし、SNSにて盛大に自慢することもできる。

冬はアジが釣れない

そう知った上で厳しい状況下にてアジを釣るのが楽しいんですよね、冬のアジングって。拷問のような寒さの中「全く釣れない」こともありますが、厳しい冬の季節にアジが釣れたという実績は確実に他シーズンに活かすこともできるため、挑戦してみる価値はあるんじゃないかな?とは思います。

冬はボトム攻略が鍵?スローに底を攻めよう

水温が下がる冬の季節は、水温が安定する深場のボトムにアジが付いていることが多いです。つまり、冬アジング攻略はボトムが鍵となるため、確実にリグを底まで届け、ボトム中心の釣りを展開してみることをおすすめします

また、できる限りスローにボトムを攻めることが大事。ボトムが取れる最軽量のジグヘッドにワームを付け、チョンチョンとシェイクを入れて後、スローにボトムをスライドさせるイメージで探っていく。そこにアジがいれば何かしらの反応は出るでしょう

手前味噌ではありますが、よりスローに攻めるならリグデザイン「リブリブ」が最適です。リブが水を噛んでくれることに加えファットなボディが水を受けることによるスローフォール化を実現、よりスローにアジを狙うことが可能。ぜひ冬の厳しいアジングにも「リブリブ」を活用してみて下さいね!

アジングに最適なワームサイズは何インチ?太さはどの程度?上手く長さを使い分けることで釣果アップ!

結論!冬はメバルを狙うのもあり

いや、分かってるんです。これを言っちゃお終いだ・・・そんなことは百も承知。けど言わせてもらいます

冬はメバル狙えばいいんじゃない?

と。メバルは秋〜春に釣れる魚であり、水温が極端に下がる冬の季節であっても僕たち釣り人を楽しませてくれ沸かせてくれる魚なんです。所謂「メバリング」ってやつですが、アジングとほぼ同じ装備で楽しむことができますし、アジが釣れない冬の季節に遊んでくれるということもあり、もう大人気です、メバル

 

僕はアジングと同じレベルでメバリングが好きなので、冬はメバルを狙いつつアジも狙う・・・という釣りを楽しむことが多いですね。釣れにくいアジを高難易度で釣るのも楽しいですが、やはり鞭を受けるだけでなく飴を舐めたいですよね。

どう頑張っても冬のアジが釣れないという人は、来る次シーズンまでメバリングを楽しんでみてはどうでしょうか?