ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングは難しい?それとも簡単?10年以上やった感想を述べてみる

リグデザインプロスタッフの山口です。アジをワームで釣る、そんな時代になってから10年以上は経ったでしょうか?僕はアジングという言葉が誕生する頃からアジングを始めた初期メンバーでありますが、最初の頃は今みたくロッドもリールも絶妙にアジング向けでないものばかりで散々苦労させられたことを覚えています・・・

アジングワームを発売する立場になってよく聞かれるのが

アジングって難しいですか?

というご質問。

簡単か難しいか。時期や時間帯、住んでいる地域やその海の特徴、全ての要素を考慮すると非常に難しく答えに詰まる質問ではあるが、今回は(あくまで僕の主観で)アジングは難しいのか?それとも簡単なのか?という点についてまとめてみたいと思います

結論を言うと、時と場合による

アジング、時と場合によっては超簡単問題

アジングは難しいのか簡単なのか?そもそも簡単と難しいの概念が難しく解答に詰まる次第ではあるが、時と場合によっては

アジング、超簡単!

だと言える状況があるんですよ。

最早簡単とか難しいとかのレベルではなく、海にワームを投げれば食ってくる・・・少なからずそのようなこともあるんです。

もしや?と思い、ワームを外しジグヘッドでだけを投入しても釣れたこともあります。こうなれば誰にでもアジングにてアジを釣ることができますし、文字通り「入れ食い」となるため、正直なところ簡単すぎて面白みに欠けるな・・・と感じることすらあります

 

ただ、いつもこのようなイージーモードが体験できるか?となると話は別で、イージーモードとは打って変わり「超激渋モード」なこともあり、こうなるとアジングの難易度が跳ね上がります

難しいというより、奥が深い

イージーモードなアジングがある一方、嘘のように渋く全く反応してくれないハードモードなアジングもある。こうなると腕の差が顕著に出ることになり、隣の人は20匹釣ってるのに、こちらは3匹とか4匹・・・ということが実際に起きてしまいます

例えば攻めるレンジの誤差が釣果の差を生むこともありますし、使うワーム、使うジグヘッドの重さ、もっと渋くなると使うラインの種類によっても釣果に差が生まれることも。とにかく、渋いときのアジングって少しの差で釣果に差が付きやすく、非常にハイレベルな知識と経験、状況適応能力が必要となってくるんですね

 

1gのジグヘッドでは釣れず、0.2gのジグヘッドを使うときだけ反応がある。それこそワームの色で差が出ることもあれば、ボトムから20cmほど浮かさないと全く反応がない・・・ということもある。

つまり、アジングは経験が物を言う場面が必ずしも存在し、そのような状況下ではやはり

「アジングは難しい釣り」

と言わざるを得ないでしょう。アジング、凄く奥が深い釣りで、10年以上経験を詰んだ今でも日々新しい発見があるほどです

リブリブでアジを攻略

アジングで釣れる要素をギュッと濃縮!リグデザインの最高傑作をぜひお試し下さい!

軽量リグの扱いに慣れていないと難易度鬼高

例えばシーバスゲームとかショアジギングとか、比較的重たいリグを扱うことになる釣りをやっている人がアジングを楽しむと、非常に高い確立で

リグが軽すぎて難しい

となります

ご存知の通りアジングでは1g前後のジグヘッドを多用することになり、ロッドも軽く繊細であり、慣れていない人ではキャスト、ロッドアクション、釣れたアジとのやり取り、どこをどう切り取っても違和感しかないでしょうね。

僕はアジングと同じぐらいショアジギングやシーバスゲームも好きなんですが、一日ショアジギングやった後にアジングすると、勢いで竿ごと海へ投げてしまいそうになりますからね、普段から重たいタックルを使っている人からすると、アジングはある意味難しいと言えるでしょう

結論!アジングは簡単であり、難しくもある

アジングは難しいのか?それとも簡単なのか?という論点に対するまとめは

難しいときもあるし、簡単なときもある

ということで。非常にアバウトな解答ですが、正直これ以上の解答が見つからないんですよ・・・。簡単なときは誰にでもアジを釣ることができるし、シビアな状況下では腕の差が物を言う世界になる。ただ、やはりそこまでイージーな状況下は少ないため、平均すると「アジングは難しい釣り」だと言えるかもですね

そもそもアジングの魅力ってアジを簡単に釣るということではなく、如何にアジを効率よく戦略的に釣るか、ここに楽しさを見出すことに落ち着くと思います。そりゃ最初はバッコバコに釣れるほうが楽しいでしょうが、慣れてくると贅沢にも

ただ釣るだけじゃ楽しくない

とか言い出しちゃうんですよね。逆に難しい状況下のほうが燃えるというかなんと言うか、とにかく簡単に釣るよりも自分が持つテクニックでアジを釣りたくなってきます。詰まるところ、アジングは難しくもあり簡単でもある釣りですが、総合的に見ると非常に魅力的で10年やっても全く飽きない釣りなので、その点はご安心の上アジングライフを楽しんじゃいましょう

アジングはリブリブで

リグデザインからリリースしているリブリブ、日本全国様々な場所にて活用し爆発的な釣果をあげてもらっています。ぜひ活用して下さいね!