ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングロッドの長さはどれくらい?感度、操作性重視なら短いレングスをセレクトするのが一番

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。今回は「使っているアジングロッドの長さはどれくらいですか?」とご質問を頂いたため、僕が考えるアジングロッドの長さ選びについて、具体的にまとめていこうと思います。アジングロッドの長さは簡潔に言うと「個人の好みによる」としか言いようがないのですが、僕の場合は(ジグ単アジングの場合)感度、軽いジグヘッドの操作性を重視し、アジングロッドの長さを決めるようにしています。

その辺りを踏まえて、ご一読頂ければと思います!

アジングロッドの長さは、自分が求めている性能をピックアップし、それにバチッとマッチした長さを選ぶべき

5ft台の短いロッドをメインに使用!感度、操作性を考えるなら短いアジングロッドのほうがいいんじゃないかな?とは思います

先に結論から言うと、僕は「5ft台」のアジングロッドを好んで使っています。基本的にジグ単でのアジングが好きで、というよりほぼほぼジグ単のアジングがメインとなるため、アジからの当たりをビンビンに伝えてくれる感度、リグを快適に操作できることを考え、5ftのロッドをセレクトしています。特にキンキンなシャキッとした所謂「パッツン系」と呼ばれるアジングロッドが好きで、長さもそうですが、ハリの有無にもこだわるようにしています

アジングって、感度が大事じゃないですか?アジのついばむような小さいアタリを取ったり、居食いって言うんですか?とにかく他のロッドでは感じ取れないアタリを感じとってくれるアジングロッド・・・これが僕の理想なので、可能な限り感度を上げるという名目の元、短いアジングロッドでハリのあるものをセレクトしています。「感度が良いアジングロッドがいい!」そんな人が選ぶアジングロッドの長さは、短いほうがいいってことで

 

後、僕は0.2gや0.4gなどの超軽いジグヘッドを使ってアジングを楽しむことが多いのですが、長くいロッドになるほど軽いジグヘッドの操作性が悪くなり、水中でのリグの存在を感じられなくなってしまう傾向にあります。まぁこの辺りはティップや総合的なバランスなど、ロッドの良し悪しが非常に強く感じられるところではありますが、短いアジングロッドほど操作性良く軽量ジグヘッドを扱うことに長けているとは思うので、僕と同じようなアジングを楽しむ方が選ぶアジングロッドの長さも、短いほうがいいんじゃないかな?とは思います。

手前味噌ではありますが、リブの深いワームは水の抵抗を受けやすく、操作感が非常に良くなります。リグデザインからリリースしていますリブリブは「深いリブ」が特徴的なワームですので、「少しでも水中での操作感が欲しい」そんな人は、ぜひお試し下さい!

足場が高い場所での釣りがメインになるなら、6ft~をセレクトしたほうがいいかも

アジングロッドの長さを決めるときは、よく釣りをする場所の特徴も考えておいたほうがいいと思います。例えば、足場から海面までの距離が遠い場合、短いロッドでは釣れたアジとのやり取り、抜き上げに苦労しますし、足場の高い場所で短いアジングロッドを使うことはデメリットが豊富です。僕は足場の悪いテトラ帯でも5ft台のアジングロッドをメインに使いますが・・・やはり色々とミスが多くなってしまいがちなので、そのような釣り場でアジングを楽しむのであれば、6ft〜の長さを選んだほうがいんじゃないかな?とは思いますね。

ただ、ジグ単アジングではロッドが長過ぎると操作性が悪くなったり、感度の低下に繋がったりもしますので、個人的には6ft台が限界と感じていますし、それ以上の長さを使うことは稀です。粘りのある長いアジングロッドでアジとのやり取りを楽しむのも有りなんですけどね、やはり色々合理的に考えると、感度良く操作性の良い短いアジングロッドに気持ちが行っちゃいます。

使うリグ(ジグ単やフロート)によっても長さを変える

アジングロッドの長さですが、メインとして使うリグによっても選び方が変わってきます。ジグ単メインでアジングを楽しむなら5ft〜6ft、キャロを使うなら6ftほど、フロートリグでぶっ飛ばすなら7ft〜ぐらいですかね?とくにフロートリグを使うときは背負えるウエイトも〜20gほど必要なこともありますし、レングスが短いとまともにキャストすることすらできない・・・なんてことにもなりかねないため、フロートリグをメインにアジングを楽しむなら「長めのロッド」がおすすめです。

まぁ「アジングロッドの長さはどれくらいのものを使ってるのか?」というご質問に対する僕の答えとしては

ジグ単メインで楽しむなら5ftばっかり使ってる

ってことで。