ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングに最適なワームサイズは何インチ?太さはどの程度?上手く長さを使い分けることで釣果アップ!

リグデザインプロスタッフの山口です。今回は、アジングで使うワームのサイズ(長さ)についての僕の考え方をまとめていきたいと思います。つまり、アジングで使うワームは1インチがいいのか、2インチがいいのか?それとも3インチ?という話ですね

ワームサイズによって釣果に差が出ることもありますし、ワームの太さなんかも釣果に影響します。ワームサイズはアジングにおいて釣果を決める大事な要素だと言えるため、その辺りを含んだ上で具体的にまとめていきます

アジングで釣果を伸ばせるワームサイズは何インチ?

僕は2インチが最適解だと思っている

アジングワームには1インチ〜2インチほどのサイズ感が多くラインナップされている感がありますが、あくまで僕個人的なアジングに最適解なワームサイズは

2インチこそ至高

だと考えていますし、実際リリースしているワームも2インチです。

理由はやはり「よく釣れるから」であり、これまでの経験を元に「一番良い思いをしたのが2インチ」という経験則を元に2インチでのアジングワーム提供を行っています

リグデザイン「リブリブ」も当然2インチです

カットして使えばどんな場面もオッケー

2インチのワームサイズ、基本的にはどのようなアジングシーンにおいても活用しやすいサイズ感であることは間違いない事実なのですが、アジのサイズが小さいときなど、ワームの長さが邪魔をして

アタリがあるのに乗らない

が頻発することがよくあります。所謂「豆アジング」ってやつですね

 

2インチというワームサイズには反応するが乗らないとなると、その対応策を講じる必要性がありますが、リブリブを使ったアジングを楽しむ場合、リブでカットして使うことでインチダウンすることができるようになっています。写真は凄く雑に切ってますが(すいません・・・)、リブに沿って切ることでパフォーマンスを失わずにインチダウンすることができるため、リブリブを愛用してくれている人はぜひお試しあれ

 

もちろん、リブリブではなく他社さんワームを使っている人も(カットしてもパフォーマンスが変わらないワームに限り)カットによるインチダウンを行う、またはサイズの小さいワームに付け替えればオッケーです

アジングは細いワームがいいってイメージだけど

アジングワームってなぜか

細いワームが至高

という考え方が根付いていますし、実際細いワームがよく釣れる場面もあるのでしょう。よく言われるのが、「リブリブってアジングワームというよりメバリング主体のワームってぽいですね」ってこと。

もちろんメバリングにも最適なんですが、アジングって太いワームであっても細いワームと同等レベルの釣果を得ることができますし、僕的な考え方としては「ファットで太いワームのほうがよく釣れる」と考えているため、リブリブも(アジングワームとしては)太めのボディ形状となっています

 

ただ、ご存知の通りアジはスポッと吸い込むように餌を捕食する魚のため、バイトがあったときにスポッと口の中へワームが収まりきる必要性があるんです。アジの吸い込みに対して収まり切らない場合、アタリはあるが乗らない・・・が頻発するのですね

そのため、ファットボディでアジの吸い込みに対し柔軟に対処するためには、程よく柔らかいマテリアル強度で、なおかつワームが折れ曲がる構造にする必要性が出てきます。

リブリブで言うと、幾度となるテストによって最高の硬さを導き出し、そして深めのリブが折り曲がる支点となり軽い力でも折れ曲がってくれるため、この特徴が

ファットボディでもアジのバイトに対し柔軟に対処することができる要因

となっているんですね。↓このように、このサイズのアジであってもスポッと折曲り口の中に入ってくれています

なぜ僕が太いアジングワームにこだわるのか

太いアジングワームと言っても、一般的なアジングワームに比べてちょっとだけ太いレベルの話ですが、リブリブレベルの太さであっても「アジングにしては太すぎるんじゃ・・・」というご意見を頂くこともあるため、ここで僕がなぜ太めのアジングワームを好んで使っているのか?という点についての持論をまとめます

まず、ワームが太くなることにより

アジの吸い込みが強くなるんじゃない?

という仮説。人間も大きなものを食べるときほど口を大きく開けて食べますが、アジも大きな獲物を捕食するときほど吸い込む力を強くし、口の中へ入れ込もうとしている・・・と考えます。実際、10cmに満たない豆アジが平気で2インチでファットボディのリブリブを丸呑みしてくれますからね、「よっしゃ、大物だ!」と気合を入れて貪食してるのでしょう

 

それともう一点、ボディが太く大きくなることで水の抵抗を受けやすくなり、よりスローに誘いを掛けられるようになる・・・という点

特にリブリブに関してはリブが水を受け、更にボディが水を受け・・・と、水の抵抗を受けやすいデザインとなっています。つまり、フォールによるジワーッと漂わせるようなアジングに最適なワームだということになり、水の抵抗を受けスローに沈んでくれることでアジがいるレンジを長く引いてくることができるようになり、結果として釣果に結びつく、このようなイメージです

後は単純に水中で目立ちやすく、アジに見つけてみらいやすいという点ですかね。まとめると

  • ワームが太いことでアジの吸い込む力が強くなるという仮説
  • ボディが水を受けることによるスローフォールの実現
  • 目立つ

この3つが、僕が太めのアジングワームを好んで使う理由です

地域によっては3インチ~が効くことも

僕が住んでいる大阪市内寄りの地域では使う機会が少ないですが、四国とか九州とか、一部地域では尺以上のアジがバコバコ釣れることもあり、3インチ以上のワームをメインに使っていらっしゃる人たちもいます

ただ、これはあくまで尺以上のアジを効率良く釣るための措置であり、一般的に3インチサイズをアジングで使うことは稀なため、大きなアジをメインにアジングを楽しみたい、そんなは3インチサイズのアジングワームを用意しておくほうが良いかもしれません

2インチワーム使ってれば間違いなし!

アジングで使うワームサイズは何インチがいいのか?太さはどの程度がいいのか?

迷ったときは2インチでそこそこ太めのワームを使っていけばオッケーです。理由は僕が過去10年そのスタイルでアジを釣りまくってきたから・・・です笑

手前味噌ではありますが、リグデザインからリリースしている「リブリブ」、アジングに最適化しているワームですし、実際全国的に多くの人に使ってもらい、多くの釣果報告を頂いております。この機会にぜひ活用してくれたら嬉しいです