ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジング・メバリングで「点発光(ドットグロー)」は釣れる?使う状況下とその効果についてまとめてみる

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。リグデザイン製品にもラインナップとして用意させてもらっていますが、アジングやメバリングには【点発光(ドットグロー)】と呼ばれるカラーがあります。その名の通り、点で発光するカラーですが、この点発光が非常にいい働きをしてくれ、アジ、メバルともに爆釣に導いてくれることもあるカラーなので、僕的には釣り場について一投目で投げるサーチカラー的な感じで使うことが多いです。

この場所にアジはいるかな?

それをチェックするときに【点発光】を使うことが多いですね。もちろん、アジング・メバリング問わずです。今回は、そんな僕的に信頼度の高い「点発光のワームカラー」についてお話していきたいと思います。点発光はなぜ釣れるのか?点発光を使う状況下は?そんな感じですね。アジングやメバリングにて点発光をカラーローテーションに含めようとしている方、ぜひちょっとした参考までにして頂ければと思います。

リグデザインの点発光カラー

リグデザインでは点発光カラーをラインナップに揃えています!全国的に「サーチワームに最適」「釣れすぎ」というお声を頂いていますので、ぜひご活用して頂ければと思います

(一応)点発光とは?蓄光させることで点に発光するワームカラーのこと

点発光

冒頭でもお伝えしましたが、念の為【点発光とは?】という点について触れておこうと思います。アジングやメバリングなどライトゲーム用ワームにラインナップされていることの多い点発光(ドットグロー)ですが、これはその言葉通り

点に発光するカラー

のことです。上の写真のように、蓄光させることにより点に発光してくれ、非常にアピール力の高いワームとして活躍してくれます。もちろん、蓄光させずに使うことで通常のワームカラーとして活用することもできるため、一度で二度美味しい?的なワームカラーでもありますね。確実に光らせて使いたいときは、1投毎に蓄光することがおすすめ。発光具合が少なくなると目に見えて釣果が落ちることもあります

 

リグデザイン製品にも点発光のラインナップを用意させてもらっており、リブリブであれば【シャンパンホタル】が該当します。リブリブのシャンパンホタルはシャンパンカラーに小さな赤ラメ、グリーン点発光となっており、全国的に見ても「凄く良く釣れます」「サーチワームとして最適です」という報告を沢山頂いております。事実、リブリブの中では1位2位を争う人気カラーですね

もちろん僕も点発光を好んで使いますし、現場に付いて一投目で投げる「サーチカラー」として活用することも多いため、ぜひご活用して頂ければと思います。点発光、めっちゃ釣れますよ!

点発光はなぜ釣れる?僕なりの見解

アジングやメバリングにおいて点発光はなぜ釣れるのか?その答えはアジ、メバル本人に聞いてみないことには正確な答えを知ることはできませんが・・・点発光を使い長くアジング、メバリングを楽しんでいる僕の見解としては

とにかく目立つから

これに尽きると思っています。いや、凄く当たり前のことなんですが、、、とっても大事です。まず、アジングやメバリングにとってワームカラーは大事な要素の一つではありますが、大前提として【魚にワームを見つけてもらえる】ことが一番大事であり、魚にワームを見つけてもらわないことにはどうにもこうにもなりません。

その点を踏まえ考えると、点発光ってめっちゃ目立ちますよね。暗闇で点の発光体があれば、嫌でも目に付きますから、アジやメバルからワームの存在を見つけてもらいやすくなる訳です。

 

ただ、その存在を気に入ってくれ即バイトに繋がることもあれば、点に発光していることが気にいらず無視されることもあるため、その辺りの状況把握は必須です。アジングやメバリングでは、目立つカラーが凄く効くとき、目立たないカラーが凄く効くときの差が極端であることが多いため、細かいカラーローテーションを行いアジ、メバルの反応をしっかり見ていくことが大事じゃないかな?とは思っています

少しでもワームを目立たしたいときや、アミパターンで有利

点発光を使うタイミングを総括すると、大前提として【少しでもワームを目立たせたいとき】に使うことが一番です。点発光でなくても、ボディ全体が光るフルグローカラーにも言えますね。リブリブで言うところの「ホワイトグロー」です

後、アジングやメバリングにおける「アミパターン」にも最適ですね。アミパターンとはアミやプランクトンをアジやメバルが捕食しているときのパターンですが、プランクトンなどの小さい生き物をワームで演出することは不可能です。ではどうするか?小さなプランクトンを演出するのではなく、プランクトンが集まっている集合体に見せることが一番なのですが・・・

点発光、小さな生き物が集合しているようにも見えますよね?水中で見ると、複数の生物が寄り添っているように見えるはず。アミを捕食しているアジやメバルがこれを無視する訳はありませんし、その観点から見れば【点発光はアミパターンに最適】だと考え取ることができますね!実際のところはアジ、メバルに聞いてみないことには分かりませんが、個人的な実績としてアミパターンにおける点発光は効果抜群だと考えているため、強ち間違いではないでしょう

発光させるには「ヘッドライト」で十分!

点発光ですが、蓄光して発光するタイプのワームカラーなので、光らせて使うには事前に蓄光させる必要性が出てきます。理想としては1投毎に蓄光させることが一番で、少なくとも2投に一回蓄光させるほうがいいかと。ただ、ぼんやりと光っている状態に凄く好反応を見せることもあるため、その辺りも調整することでより面白くアジング・メバリングを楽しむことができます

点発光カラーに蓄光させるには、本来であれば「紫外線ライト」による蓄光が最も効率的ではありますが、荷物も増えますし手間も増えるため、アジングやメバリングでは必須のヘッドライトの明かりを使い、蓄光させるだけで十分です。ただ、人によっては

水面を照らさないで欲しい

という人もいるため、人が多いエリアで蓄光させるときは、なるべく水面を照らさないことをおすすめします。賛否あるかと思いますが、海面に光を当てると魚が散ってしまう、食いが悪くなるなど、そのような考え方もありますから、無用なトラブルや人に嫌な思いをさせないためにも、気を使って蓄光させることをおすすめします

 

何度も言いますが、リグデザインでは点発光カラーをラインナップとして揃えさせてもらっています。通常はこのようなカラー↓

で、蓄光させると

点発光

こんな感じで光ます。どうでしょう?絶対釣れますよね、これ。ぜひご活用頂ければと思います!