ライトゲームメーカー「リグデザイン」

メバリングで使うジグヘッドの「重さ」はどれくらい?1g・2g・3g、どのウエイトを選べばいいのか?のまとめ

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。メバリングで使うジグヘッド選びで案外迷いがちなのが「ジグヘッドの重さ」ですよね。何gのジグヘッドを使ってますか?釣り場でよく聞くフレーズです。メバリングで使うジグヘッドの重さは、たった0.2g変わるだけで釣果に物凄い影響を与えてしまうこともあるため、よりストイックに考えるほうが良いのですが・・・

では、メバリングでのジグヘッドの重さは一体どれくらいのウエイトを使えばいいのか?僕が普段使っているジグヘッドの重さを主に、僕なりの「メバリングで使うジグヘッドの重さ」について、具体的にまとめていこうと思います。

メバリングにおいてジグヘッドの重さは釣果を分ける大切な要素の一つ

僕の場合、メバリングで使うジグヘッドの重さは「0.2g~1g」が主体

あくまで僕の基準ではありますが、いつもメバリングを楽しむときは0.2g〜1g範囲の重さを使っています。0.2gから0.2g単位で揃えておき、状況に応じて細かく使い分ける・・・という具合ですね。最も使用頻度が高いのが1gで、次いで0.4g、後のウエイトは様子を見ながら微調整していくって感じです。後で詳しくお話しますが、たったの0.2gで釣果に激的変化が出ることがあるため、たかが0.2g、されど0.2g・・・ですよ

ちなみに、僕はメバリングで0.2gや0.4gの超軽いジグヘッドを使うことが多いため、メバリングで使うロッドは「アジングロッド」で、アジングロッドの中でも更に繊細なものを使っています。繊細なアジングロッドでメバルの引きに耐えれるのか?メバルを抜き上げることはできるのか?と不安の声が上がりそうですが・・・全く問題ないです。27cmのメバルを抜き上げることもできますし、20cmオーバーのメバルであれば楽勝ですよ。もちろん、何があっても責任は負えませんので自己責任で(無理すると多分折れます)

全層サーチするならまず1gを使い、フワフワ漂わせたいときは0.4gを主に微調整していく

僕がメバリングにてジグヘッドを使う順番ですが、表層からボトムまで隈なく探りたいときは1gを軸に、その日の風や潮流の有無で1.2gを使ったり、1.5gを使ったりと、状況に応じて使い分けるようにしています。メバリングでは1gのジグヘッドが最も凡庸性が高いと思っていますし、全層探ることにも適していると考えているため、あまり難しく考えず【メバリングは1gのジグヘッドを使うもの】的な考え方でもオッケーじゃないかな?とは思います。

表層やボトムを隈なく探るときは1gの重さをチョイスすることが多いですが、表層をドリフト的に探ってみたり、テトラ際をジワーっと攻めるときは、0.4gの重さを軸にメバリングを展開します。0.4g程度のジグヘッドであれば、フォールスピードを限りなくスローにすることができ、海中をフワフワさせながら探ることができるようになるため、ジッとストラクチャーについているメバルの目の前にジワーっと沈めてやると・・・ガツン!です

 

0.2gや0.4gのジグヘッドにワームを付け、キャストしてラインテンションを軽く掛け放置しているだけで釣れることもあるため、ぜひお試しを。

おすすめ

リグデザインからリリースしています「リブリブ」は深リブとなっており、このリブが抵抗を受けることによるスローフォールを実現することが可能!つまり、重たいジグヘッドであってもワンランク下のウエイトを使っている感じで展開することができるため、飛距離を出しつつ、よりスローに演出することができます

ボトムを探るときや、潮流が速いときは2g以上のジグヘッドを使うことも

僕の基本として、メバリングでは1g前後のジグヘッドを使うことが主ですが、水深が深い場所であったり、風が強い状況下、潮流が速く軽いジグヘッドでは一瞬で流されてしまう・・・そんな状況下では、2g以上の重さをチョイスすることもあります。風が強く潮流が強いような場面では、軽いジグヘッドは思うように操作することができず、結果として釣果にマイナスの影響を与えてしまうことになるため、ケースバイケースでジグヘッドの重さを調整するのが一番ですね

また、ボトムにいるメバルを素早く狙いたいときも、2gや3gなど重たいジグヘッドを使うことがあります。1g前後の重さだとボトム着底までに時間が掛かりますし、手返し面で見るとマイナスに感じる部分も多いです。重たいジグヘッドを使うことで時短にも繋がりますし、メバルの活性が高ければ3gのジグヘッドでも平気でバコバコ釣れることがありますので、軽いジグヘッドを使うのは性に合わないぜ・・・って方、、ぜひお試しを

 

ただ、メバリングで使うジグヘッドの基本としては「ギリギリ底を取れるもの」をチョイスするのが一番です。使うジグヘッドが重たくなりすぎるとアタリが減ったり、アタリがあっても乗らない・・・ということもあるため、2gや3gの重さはあくまで「サブ的に使うもの」と考え、大前提としてメバリングでは1g前後のジグヘッドを使うものと認識しておくほうが良いかと

ジグヘッドの重さもストイックに試行錯誤することが釣果を伸ばす鍵

メバリングでは、ワームの種類やワームのカラーに関しては気になるのに、ジグヘッドの重さに対しては無頓着な方が多いイメージです。0.2gぐらいの差、そんなに変わる訳ねーだろ・・・的な。もちろん、メバルの活性が高い状況下であれば、0.2gの差など誤差ですし、気にせず同じ重さのジグヘッドを使っておけばオッケーです。

ただ、活性が低い状況下や、渋い状況下では、たった0.2gの差が驚くほど釣果に影響することもあるため、よりストイックに考えることで、更に釣果を伸ばすことができるんじゃないかな?とは思います。0.2gと0.4gでは、純粋に倍のウエイトがありますからね。1gのジグヘッドだと、2gのジグヘッドになる・・・みたいな感じですね。数字は小さいですが、この差は凄い差です

 

僕の場合、まずは1gのジグヘッドから始め、メバルからの反応がなければ徐々に重さを下げていきます。1g→0.8g→0.6g→0.4g→0.2gみたいな感じですね。ここまでシビアに調整するのは余程渋いときだけで、実際には1g→0.4gみたいな感じで一気に重さを下げることが多いですが、数投毎にジグヘッドの重さを調整することで見えてくる何かは必ずあるはずなので、面倒くさがらずジグヘッドウエイトもローテーションすることが釣果を伸ばす鍵・・・かも?