ライトゲームメーカー「リグデザイン」

風がある日のメバリングは最早「修行」だと思う件【対策方法&攻略方法】

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。今回はメバリングと風についてのまとめです。メバリングでは、1g前後のジグヘッドをメインで使うことになるため、どうしても「風に弱い・・・」というデメリットが付加されます。メバリングと風がどれほど相性が悪いのか?ということを具体化すると、火属性に対する水属性、熱した油に対する水、冬場の手洗いうがい、まぁなんでもいいんですが、それほど「メバリングと風」は相性が悪いのです。

そこで今回は、風が強い日にメバリングを楽しむにはどうすればいいのか?風がある日のメバリングはどう攻略するのか?そもそも、風速何mまでいける?この辺りについてまとめていこうと思います。参考までに

風はないほうがいいに決まってるけど、風が強い日も釣りしたいよね・・・

そもそもメバリングは風速何mまでできる?決まりはないけど、危ないと感じるほどの風がある日は家で大人しくゲームでもしておこう

そもそもメバリングは風速何mまで楽しむことができる?このアバウトな質問に合った明確な答えはありませんが、結論を言うと「危険を感じるほどの風が吹いている状況下でのメバリングは絶対に止めておこう」これが全てです。たまに「風がやばいぐらい吹いている中、足元を濡らしてまで釣りをやり抜いたぜ」と自慢気に話す人もいますが、これは論外。結果論として無事だっただけで、命を危険にさらしていることに間違いはありませんから

命を取りますか?それともメバルを取りますか?

メバルも捨てきれませんが、どう考えても命のほうが大事です。死んだら釣りができませんし、メバルの煮付けも刺し身も食べれません。大事な家族や嫁や娘や友達を悲しませてしまうことになります。身に危険を感じるレベルの風が吹いている日は、家で大人しくゲームでもしておきましょう。

 

ちなみに僕は風がある日のメバリングはなるべく避けるようにしていて、風速が3mを超える日に釣行することは滅多にありません。どうしても釣りに行きたいときや、友達と予定を合わせる場合は別ですが、単独釣行だと風速3mを目安に行くか行かないかを決めることがほとんどですね。風、嫌い

風が強い日は風に強い道具を使うことが最高の対策方法

風が強い中メバリングを楽しむときの対策方法ですが、結論から言うと

風に強い道具を使う

ことが一番です。つまり、風に負けることのない道具を使うことで風を無効化してしまおう!というものですね。ただ、どうしても限界があり、あまりにも風が強い日は何をどう足掻いても無理なものは無理なので、やはり家でゲームしておくのが一番ですね。無理なものは無理

 

具体的に、風が強い日のメバリングではどのような道具を使うのが良いか?最初に考えるのは「ジグヘッドの重さ」ですね。1gでダメなら2g、2gでダメなら3g・・・と、風に負けないジグヘッドの重さを使うことで問題解決です。ただ、メバリングで使うジグヘッドの重さには限界があり、重たくしすぎるとメバルが釣れないという本末転倒なことになりますし、根掛りも増えてしまいます。なので、自重を重たくして風に勝つには「フロートリグ」や「キャロライナリグ」を活用し、物理的に風に打ち勝つのも一つの手です。圧倒的な質量を持ち、風を倒しましょう

それと、使うラインを変えることで(ちょっとだけ)風に強くなることができます。具体的に言うと、PEラインは風に弱いので向いておらず、比重の重たいフロロカーボンラインは風が強い日のメバリングに向いていると言えますね。ただ、フロロカーボンラインのびよーんと伸びるあの感じが嫌いな人も多いと思うので、この辺りは好みの問題で。比重の高いラインを使うほど、風のある日のメバリングを攻略しやすくなるのは間違いない事実です

風が強い日のメバリング攻略!風のない場所を探そう←

風が強い日のメバリング攻略法ですが、風のない場所へ行くことが一番手っ取り早いです。馬鹿にしているような回答ではありますが、風をデメリットに感じる中で無理やり釣りをするよりは、風がない場所を探して釣りをするほうがストレスフリーですし、何より釣果が伸びます。所謂「風裏ポイント」って、探せばそこそこあるものです。北風のときはここ!南風のときはここ!と、自分の中で

風から逃れられる場所

を知っておくと、何かと便利ですし、風の強い状況下ではこれ以上ない武器となります。

良型メバルは風が強い日のほうが出やすい?

下のメバルでも20cm超えてますが、それより大きくなると最早違う魚ですよね・・・可愛いから怖いに変わります。可愛いからメバルが好きなのに・・・

で、あくまで僕の経験上での話ではありますが、25cmを超える所謂「良型メバル」って、風が強い日のほうが出やすい傾向にあるんじゃないかな?と思っています。「メバルは凪を釣れ」という言葉がありますし、風のない凪のほうが釣りをしやすいのは確かですが・・・大きなメバルを釣りたいなら、敢えて風が強い日に釣行する・・・というのもありかもしれませんね。大きいメバルって警戒心が強いので凪の日は警戒に警戒を重ねているでしょうから、風が強く波が立ち、警戒心の緩むタイミングを狙うことは最早セオリーなのかな?ただ、何度も言うよりあまりに風が強い日は危ないので、家でゲームでもしておきましょう。

リブによる操作性向上を

リグデザイン リブリブは深リブを採用しており、このリブが水をしっかり噛むことにより風が強くラインが更けやすい状況下でもアドバンテージを持ちメバリングを楽しむことが可能!ちょっとしたことではありますが、このちょっとが大きいんですよ。ぜひ使ってみて下さい