ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングやメバリングで「根掛り」をなるべく避ける方法まとめ

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。今回は、アジングやメバリングを楽しんでいるときに避けることが難しい「根掛り」問題について言及していきたいと思います。根掛りは海底に仕掛けという名のゴミを残すことになりますし、根掛りを外している時間、根掛りにより切れたラインの再結束による時間的ロスなど、とにかく根掛りは

百害あって一利なし

なものなので、どうにか「根掛りを避けたい」というのは、多くのアングラーの総意ではないでしょうか?そこでこの記事では、アジングやメバリングなど、というより他のルアーフィッシングにおいても関連性のある【なるべく根掛りを避ける方法】について考えていきたいと思います。

もちろん100%根掛りを避けることは難しいですし、特に目新しい方法がある訳ではありますが、今一度根掛りを避けるための方法を考えることで、少しでも根掛りの少ないアジングやメバリングを楽しんでいきましょう!

根掛りは百害あって一利なし

根が少ない場所を選んだり、極端に言うと「ボトムを取らない」ことが根掛りを避ける最善策

言うまでもなく、根掛りは「根に仕掛けが引っかかる」ことで起こります。つまり、極端に言うと

根のない場所で釣りをすることで、根掛りリスクを極限まで抑えることができる

ということになりますね。メバリングは多少なりとも根のある場所が有利にはなりますが、アジングに関していると根の有無はそれほど重要視されませんし、なんなら砂地のほうがアジにとって好ましい環境だとも言えるため、とにかく根掛りを避けたい・・・そんなときは、なるべく根の少ない場所を選ぶことが根掛りを回避するための最善策ですね。

 

また、根掛りはボトムを攻めないことでも回避することが可能。もちろん、海面まで伸びている海藻や、係留船のロープなどに根掛りすることもあるでしょうが、ボトムを攻めないことで避けられる根掛りは無限大と言えるため、どうしても根掛りを避けたい場合は中層〜表層の釣りを楽しめばオッケーです

しかし、アジングにしてもメバリングにしても、これまでの経験上「ボトムを取らない」ことは釣果にとってマイナスの影響を与えることが多いですし、サイズに関してもボトム付近のほうが出やすい傾向にあると感じているため、その辺りとのバランスを考え、釣りを楽しむことをおすすめします

重たすぎるジグヘッドを使わない

ボトムにて根掛り頻度が高い人は、高い確率で「重たすぎるジグヘッドを使っている」ことが多いように感じます。アジングにしてもメバリングにしても、軽量ジグヘッドになるほどボトムが取りにくくなるため、特に初心者の方ほど無闇にジグヘッドの重さを増加させてしまう傾向にありますが・・・

ジグヘッドが重たくなるほど根掛りリスクが高くなる傾向

にあるため、その場に適した最適案の「ジグヘッドウエイト」にてアジング、メバリングを楽しんでいくことをおすすめします。例えば、1gのジグヘッドでボトムを取れるのに2gのジグヘッドを使う・・・これ、根掛りを誘発させてしまう要因です。そして、最適でないジグヘッドウエイトを選ぶことは釣果にとってもマイナス傾向にあるため、ボトムが取りにくいから・・・と言って、無闇にウエイトアップを試みないほうがいいんじゃないかな?というのが、僕の意見です

ボトムに長く置きすぎない

メバリングやアジングを楽しむときに「ボトムステイ」と呼ばれるテクニックを要することがあります。簡単に言うと、ボトムにワームを置いておくテクニックとなるのですが、根の多い場所でこれをやってしまうこともまた、根掛りを起こしてしまう要因の一つとなってしまうことでしょう。

ボトムでは少なからず潮の流れが効いており、ワームを置いておくと徐々に違う場所へ流されていき、結果として何かしらの根に根掛りしてしまう・・・つまり、ボトムに長く置いておくことは根掛りリスクを増長させてしまうため、根の多い場所でのボトムステイは考えものだと言えますね。

根掛りに合わせを入れない

つまるところ根掛りは「仕掛けを回収」することができれば特に問題視されるものではありません。もちろん、針先が鈍るなどの問題はありますが、海底にゴミを残すことを考えると取るに足らないことでしょう。

根掛りにて回収できない状況を作りやすい人を見ていると、根掛りに対し「合わせ」を入れていることが見て取れます。つまり、根掛りを魚のアタリと勘違いしバシッと合わせを入れたり、根掛りしたことに対する苛立ちから無理やり外そうと試み、結果として合わせを入れてしまっている・・・このようなことが多いですね

 

根掛りから仕掛けを回収するためには

とにかく落ち着いて対処する

ことが最善策となるため、根掛りに対し合わせを入れることは絶対にやっちゃダメ。より深く根掛りしてしまうのですから、回収率が下がることは言うまでもありません。根掛りしたときは一呼吸おき、優しく竿を煽ってやる、移動できるスペースがあるなら違う方向から引張ることで、ユルリと根掛りを回収できることが多いです。

もちろん何をやってもダメなときはダメですが、根掛りに合わせを入れることで状況を悪化させるよりは良いですよね。根掛りは落ち着いて対処する、これ絶対です

浮力のあるワームを使う

根掛りは浮力のあるワームを使うことで減少させることができます。また、水中で立つように設計されているジグヘッドを使うことも一つの手ですね。

なぜ、浮力のあるワームを使うと根掛りを避けやすくなるのか?という点ですが、ワーム自体に浮力がある場合、ボトムにてワームが立ちやすくなります。つまり、針先がボトムから離れる形となるため、結果として「根掛りを避けやすくなる」ことになります。

 

手前味噌ではありますが、リグデザイン製品はハンドポワード製法と呼ばれる作り方を採用しており、製造過程で内部に空気が入り込むようになっています。つまり、浮力が強いワームと言えるため、根掛り回避率を少しでも高めるためにぜひ活用して頂ければと思います。もちろん、釣果も抜群に良いです