ライトゲームメーカー「リグデザイン」

アジングやメバリングは【安いリール】でも楽しむことができるのか?必要最低限のスペックを考えてみる

どうも、リグデザインプロスタッフの山口です。過去に幾度となく同級生やお友達に釣りを教えてきましたが、そんなときによく聞かれるのが「アジングやメバリングって、安いリールでも大丈夫なの?」というもの。ご存知の通り、ステラやイグジストは5万円オーバーな高級機種なので、そうやすやすと手が出せるものではないですし、セルテートやヴァンキッシュクラスであっても4万円ほどするため、こちらもやすやすと手が出せる品物ではありませんね。

反対に、安いリールであれば2000円とか3000円ほどで手に入れることができますが、値段が安ければ安いほど「なんか不安・・・」と感じますし、だからと言ってこれからずっと続けるかどうかも分からないアジングやメバリングに最初から高額なお金を出すのも気が引けますよね?

 

そこでこの記事では、「アジングやメバリングでは安いリールでも問題なく楽しめるのか?」「(初心者は)一体いくらぐらいのリールを使えばいいのか」という点にスポットライトを当て、まとめていこうと思います。いつも通り僕山口の完全主観記事なので、ちょっとした参考までにどうぞ

アジングやメバリングは安いリールでも楽しめるのか?についてまとめていきます

僕は初心者の頃から実売2万円前後のリールを使っています

アジングやメバリングを初めたのは10何年前だと記憶しておりますが、その当時は(今と比べると)アジングやメバリングに特化した道具も少なく、バスロッドなどを流用しメバルやアジを釣っていました。専用のアジングロッドなんてなかったんじゃないですかね?あったとしても、今のようにシャキっとした先調子のロッドではなく。スローテーパー寄りの柔らかいロッドが主流だったように思います

で、本題のリールですが、アジングやメバリングでは2万円前後のリールを使っていました。安い高いの定義は人それぞれですが、当時まだ18歳や19歳ぐらいの若造だったため、2万円のリールを買うのに心臓をバクバクさせながらナチュラムでポチったことを今でも覚えていますね。今でも2万円は相当な出費ですが・・・笑

 

最初にアジング用に買った機種はシマノさんのバイオマスターだったかな?15000円ほどで買ったと思います。で、ライトゲームメーカーを立ち上げ、プロとして活動している今現在ですが、今でもなお2万円前後のリールをメインで使っています。

最近最も使っているのがダイワさんのセオリー2004で、サブとしてカルディアLT2000。両者共に2万円前後のスピニングリールですね。ステラやイグジスト、ヴァンキッシュなどをお使いの人からすると「安いリール」に分類されるのかもしれません。が、性能的には実用十分ですし、非常に酷な使い方(釣行回数多く、1000匹以上魚を釣っていると思います)をしているにも関わらず、2年で一切の不具合なし。コスパ抜群ですね、最高

なぜステラやイグジストを使わないのか?そう聞かれることが多いですが・・・

メーカーの代表、そしてそのメーカーのプロスタッフとして活動しているのに、なぜハイスペックなステラやイグジスト、ヴァンキッシュを使わないのか?なぜ値段の安いリールを使うのか?たまーに投げかけられるご質問ではありますが、、、本心を言うとめっちゃ欲しいですし、正直買おうとは思っています。今のところヴァンキッシュを買う予定ではありますが、今使っているダイワさんのセオリーが絶好調稼働中ですので、特に今すぐ買い換える必要はないかな?というのが本心です。

そもそも、個人的に2万円のリールが安いリールだとは思っておらず、釣り歴20年以上ともなると「2万円出せば昔のハイエンドクラスの性能を持つリールが買える」と考えてしまい、中々手が出せないんですよね。ただ、本心はハイエンドなスピニングリールが欲しいです・・・ヴァンキッシュ・・・

安いの定義がアバウトですが、1万円~2万円ほどのリールを使っておけば間違いなし

さて、本題から脱線しているため徐々に戻していきますが、アジングやメバリングは安いリールでも楽しむことができるのか?について、具体的に考究してみましょう。そもそも安い高いの定義がアバウトではありますが、ハイエンドであるステラの価格が6万円ほどであるため、その価格帯から考慮し「〜2万円」は安いリールと位置づけることにしておきます。2万円でも十分高価ではありますけどね・・・

で、〜2万円ほどのリールでアジングやメバリングを楽しむことができるのか?という点ですが、ここは胸を張って

絶対的に問題なくアジング、メバリングを楽しむことができる

と言えます。僕も2万円前後のリールをアジング、メバリングで使っていますが、耐久性、ドラグ性能、自重、巻き感、どれを取っても実用面で全く問題がありませんし、1000匹以上の魚を釣ってもなお、衰えることなくバリバリの現役として活躍してくれていますので。

 

ただ、言うまでもなくステラやイグジスト、ヴァンキッシュはハイスペックですし、最高の性能を持ちアジング、メバリングを全力で楽しむことができるようになるため、お財布事情と嫁が許すなら、最高ランクのリールを買うほうがいいことは間違いありません。普通に使えば数年単位で使うことができますからね、年で割ったら案外コスパ良く、ステラなどであればリセールバリューも効きます。

アジング、メバリングを長く続けるのなら、ワゴン売りのリールは避けたほうが無難?

アジング、メバリングは常にキャスト回収を繰り返す釣りです。そのため、あまりに安すぎるワゴン売りされているようなリールでは、スペック的に追いつかないことも考えられるため、アジングやメバリングを長く続ける気持ちがあるなら、ワゴン売りされているような2000円、3000円ほどのリールは避けておいたほうがいいんじゃないかな?とは思います。もちろん、このようなリールが絶対的に使えない訳ではなく、「長く愛用するのであれば、1万円〜ほどで売られているリールを使うほうが総合的に見ていいんじゃないかな?」ということです。

結論としては、1万円〜2万円の価格帯で売られているリールを「安いリール」と位置づけるなら、アジングやメバリングで問題なく使用することができる・・・ということで。

おすすめ

リグデザインからリリースさせてもらっています「リブリブ」は、アジング、メバリングに最適なワームであり、深めのリブがいい働きをし、沢山の魚を連れてきてくれます。ライトゲーム初心者の方はもちろんのこと、全国的にプロレベルのアングラーさんにもお使い頂いている「激釣れワーム」ですので、ぜひご活用して頂ければと思います